夏休みアート体験 PLAY! MUSEUM

息子、姪っ子と一緒に立川の美術館「PLAY! MUSEUM」に遊びに行ってきました。 ずっと行ってみたかった美術館でしたが、立川・・・遠い・・・

でも、私も子供の頃から親しんた絵本「ぐりとぐら」「ミッフィー」の展示をみたかったので重い腰をどっこらしょと上げて行ってきました。


入場には事前予約が必要ですので、ご注意くださいね。


板橋から立川まで

長旅です・・・

電車好きの息子は「あずさに乗る!!」と大張り切り。

夏休みスペシャル。アトラクションと捉えて特急に乗って行くことにしました。

結果。

めっちゃ快適〜♪車内綺麗〜♪ 息子大満足でした。


「PLAY! MUSEUM」はJR立川駅北口・多摩モノレール立川北駅北口より徒歩約10分。

駅からは、車が通らない道が整備されているので、のんびり安心して歩けます。


“2020年6月、東京・立川駅北口にオープンした新街区「GREEN SPRINGS」に、美術館と子どもの遊び場を中心とする複合文化施設「PLAY!」が誕生しました。”


ということで、新しくてきれい✨ 緑もたくさんで、気持ちいい〜 家の近くにこんなところ欲しい!!⇦これ何度も言いました。





絵本の世界に入り込んでしまったような感覚。


子ども達のサイズに合っていて

写真を撮るのも楽しいです♪


ぐりとぐらサイズになった気分で

大きいカステラを運ぶ。


滑り台などもあって、ちょっと油断すると美術館に入ることを忘れてしまう💦


【Mieの感想】

私の個人的感想ですが、

ミッフィー展には原画があったりで美術館の雰囲気が結構あって、

そこは大人も楽しめるゾーンでした。

(子ども達は逆に完全スルーでしたが...)

ミッフィーの絵本(あの太い線と正面を向いたウサコちゃんの理由など)を生み出すまでに

ディック・ブルーナがどのような試行錯誤をぐり返してきたのか。

そういった部分がよくわかってとても興味深かったです。

ディック・ブルーナさんの深い愛情が伝わってきます。


ぐりとぐらゾーンは可愛くて、体験できて、楽しめます!

でも、美術館という部分を期待していくと期待外れになっちゃうかもしれません。


とはいえ、子ども達と自由にお話しして動き回れるアート空間としては

他になかなかないのでとても良いです!

美術館デビューにはオススメです。

可愛い写真が撮れちゃうので、満足度高め(笑)です。