top of page

三次元への変容

年度の締めくくりは、毎年恒例の進級制作です。

これまでやってきたこと、試したいことを作品にしていきます。

今回のテーマは『3次元への変容』です。


ちょっと難しそうなテーマですが、

レッスンの冒頭でクイズ形式でお話ししていきます。

「0次元とはなんでしょうか?」

ん〜なんだろう。

「なんにもないこと!」

悩む子供達。


「0次元の答えがこの後のヒントになるよ」

「0次元とは“点”のことです!」

0次元は点で動ける方向がないから“点”であることを説明すると

みんな閃いたようで

1次元は線、2次元は平面、3次元は(立体)空間と正解が出てきて、理解を深めました。

そして、ここからルーチョ・フォンタナというアーティストを紹介。

この人は、空間の概念を作品にした人。



このようにキャンバスに切れ目を入れることで2次元を3次元に変容させたのです。

平な絵は2次元だけど、切れ目を入れたり、何かを貼り付けたりすることで、

平面のものが空間になる。

これを見本を見せながら伝えました。



進級制作
キャンバスを切ってしまうのを見て「えー!切っちゃうのー!!」とナイスリアクション

この『2次元を3次元に変容させる』という概念を共通テーマに何を描くかは自由に決めました。



まずは、好きな色で地塗りをすることからスタート。



進級制作
なるほど〜そういう表現方法もあるのね!

みんなが自由に素材を選べるよう、様々な材料を準備しました。

そこから何を選ぶか?どのように活用して手を加えるか、自分で考える。


進級制作
筆?スポンジ?手?何で塗るのがいいか色々試します。

進級制作
グルーガンも上手に使えるようになったね✨

進級制作
どんな地塗りをするか。グルーガンで縁取りを描いてみたり、工夫しています。

進級制作
キャンバスを切ったり、塗り方を工夫したり、視点で3次元を表現したり。人それぞれ

進級制作
スポンジが高野豆腐になった〜笑

進級制作
未就学クラスは立体作品を作りました

次回は、進級制作の仕上げをします。

どんな作品ができるかお楽しみに!

Kommentarer


最新記事
アーカイブ
bottom of page