top of page

竜を描く

来年の干支である“竜”を描きました。


レッスンの冒頭では、

「竜は誰も見たことがない?」

「竜の体にはどんな動物のパーツが見つけられるかな?」

などなど、みんなで竜についてディスカッションを行いました。


そして、宮沢賢治の「竜のはなし」という絵本をダイアロジック・リーディングで読み聞かせをしました。

ダイアロジック・リーディングとは、ひとことで言うと「対話しながらの読み聞かせ」です。 絵本を読みながら子供達と様々な話をします。

園や学校は大人数なので、どうしても「静かに聞くように」となってしまいますが、

アート教室は、少人数だからこそ、じっくりとダイアロジック・リーディングができます。



ダイアロジックリーディング
みんな前のめり😆

絵本を読みながら思ったことを発言したり、講師からの問いかけに自由に答えます。

対話をしながらの読み聞かせは、「思考力」「読解力」「伝える力」を伸ばすことができる読み聞かせ法と言われていて、我が家でもずっと続けていますが、息子は本が好きになり、文章から読み取る力がつくことを実感しています。

絵本の言葉だと子供ってすんなり聞き入れてくれるんですよね。

なので、伝えたいことは絵本の力を借りることが多くあります。

お家だからこそできる『ダイアロジック・リーディング』おすすめです!



ダイアロジックリーディング
お話ししながら読むのは楽しいね!


制作の時間では、思い思いに竜を描きました。

竜は誰も見たことがない。

ということは、正解も間違いもないね。

そんなお話をしながら、様々な竜が誕生しました。


竜の絵
迫力満点!


竜の絵
今にも絵から飛び出しそう!!

竜の絵
鱗のディティールにこだわった!



竜の絵
真剣!



竜の絵
おててがロボットみたいになっちゃた♪

メインの課題のあとは、クリスマスグッズを制作しました。 サンタ帽子やスクラッチで模様をつけたオーナメント🎄

クリスマスが待ち遠しいね!

クリスマス制作
サンタ帽とスクラッチオーナメントも作ったよ

毛糸を隙間なく巻きつけたり、穴にリボンを通して結んだり。

様々な細かい手作業に没頭!

根気強く、自分でやり抜いて、完成した時の笑顔はキラキラです✨


クリスマス制作
細かい手作業で巧緻性UP!


毎回、みんなのすごい集中力と創作意欲に感動するのですが、

子供達とこんな会話をしました。


講師「すごい集中力だったね〜」


子供A「うん!ここだとゲームもテレビもないからすごく集中できるの!」


子供B「そうそう、みんながやっているのを見ると自分もやりたくなっちゃう!!」


子供達は、他者との関わりの中で、多くの刺激を受けています。

お互いの作品について話したり、ちょっと難しそうなことにも挑戦してみたり。

創作意欲と刺激が満ち溢れるアトリエ。


アート教室は、作ることならなんでもOK!

思う存分好きなことをやってね!!

Comments


最新記事
アーカイブ
bottom of page